• レザー製のブランド品をセルフメンテナンスする方法

    レザー製のブランド品には、レザー製特有のセルフメンテナンス方法があります。

    少しの気遣いでレザーの状態を良好に保てますので、基本的なやり方を覚えておきましょう。
    適切なセルフメンテナンスをすれば綺麗なエイジングができますので、やり甲斐があるものです。
    まず、毎日のセルフメンテナンスとして、履いた後の手入れを忘れないようにしましょう。


    1日履くだけでも意外と多くの汚れが付着しますので、ブラッシングをして綺麗にしておきます。
    頑固な汚れになる前に汚れを取り除けば、レザーの風合いが良く保たれ、見た目の綺麗さや清潔感も違います。

    酷い汚れが付着した時は、レザーブーツであれば消しゴムやクリーナーを使って汚れを落としましょう。

    メンズ財布のブランドに興味ある方、必見です。

    次に、定期的なメンテナンスとしてクリームの塗布や防水スプレーの噴霧を忘れないようにしましょう。
    クリームはレザーの表面を保護してくれますし、防水スプレーは水の影響からレザーを守り易くなります。


    特に水はレザーの大敵で、物によってはちょっとした雨でも、濡れるとシミとなって現れる事があります。

    クリームや防水スプレーの使用は必須と言えるでしょう。


    もし、水に濡れた場合は、多少の水分であれば柔らかい布と詰め物で対処できます。布で軽くたたくようにして水分を取り、詰め物をしておきましょう。

    レザーシューズの場合は木製のシューキーパーを詰め物にするのが好ましいでしょう。


    型崩れを防げますし、不快な臭いが付くのを防げます。
    バッグ等の場合はタオルや新聞紙といった吸水性の高いものを詰め込むと良いでしょう。



    キッチンペーパーがあるなら、それも利用できます。



    ブランド品と言えども、セルフメンテナンスを怠れば良好な状態を保ちにくくなります。
    ブランド品としての価値を維持しながら長く使い続ける為には、毎日のメンテナンスや定期的なメンテナンス、トラブルが発生した時の対処などを覚えて適切に活用する事が大切です。